カテゴリ:展覧会( 16 )

星野道夫展、ピーターラビット展



このところ、続けて展覧会に出掛けています。

先日行った展覧会ふたつ。

c0255071_21150527.jpg





ひとつは銀座松屋の「星野道夫の旅」。

c0255071_21152778.jpg


アラスカの自然と動物を撮影していた写真家で、
事故で亡くなってから、もう20年。

自然に溶け込まないと撮れない写真ばかりです。

c0255071_21162232.jpg


エッセイ集『旅をする木』『ノーザンライツ』
『長い旅の途上』などは、
こころの中に、すーっと入ってくるような自然な文章。
写真を見ていて、また読み返したくなりました。




別の日には、渋谷Bunkamuraの「ピーターラビット展」へ。

作者 ビアトリクス・ポターの生誕150年を記念しての展覧会で、
原画やスケッチがたくさん展示されています。

思ったより小さな原画は、繊細に描かれていて、
ピーターたち動物の表情が可愛い~~!

可愛いグッズもたくさんあって迷ってしまいます。
かごいっぱいに買っている男性のかたも!

c0255071_21155139.jpg




展覧会のあとは、松濤のガレットリアさんでランチをしながら、
お友達とおしゃべり。

ピーターラビットが出てきそうな
蔦に覆われたすてきなお店です。

c0255071_21182348.jpg

香ばしいガレットとクレープ。
c0255071_21165224.jpg


c0255071_21174377.jpg



これからも行きたい展覧会がたくさんあるので、楽しみです!




ワンクリック、ありがとうございます。


にほんブログ村




[PR]
by koharu3194 | 2016-09-04 22:13 | 展覧会 | Comments(6)

萩尾望都SF原画展


今日は、大好きな漫画家、
萩尾望都さんの原画展を見に吉祥寺へ行きました。
c0255071_22422937.jpg


学生の頃から、何度も読み返した
『ポーの一族』や『トーマの心臓』。

SFの『11人いる!』『百億の昼と千億の夜』
『スター・レッド』『銀の三角』『マージナル』
『バルバラ異界』なども、夢中になって読んだ作品です。

それらSF作品の原画の展覧会。


最終日で、とても混んでいました。
c0255071_22482514.jpg


c0255071_22524495.jpg

皆さん、細かな描写を見るために絵の前からなかなか動かない!
わたしも、一枚一枚見入ってしまいました。

印刷ではわからないエアブラシで描いたところや、
カラーのセロファンを重ね貼りしたところ、
絵の具のぼかしやホワイトの点描など、見所がいっぱい。

出口にあったレッド星と阿修羅の等身大フィギュア。
c0255071_2258289.jpg


3月にEテレで放送された望都さんの番組では、
ペン先から描き出される線に釘付けでした。


人物の心理描写を時にコミカルに、シリアスに、叙情的に描き、
宇宙空間の広がり、人々の関わりを描いた作品の数々。

何度読み返してもこころに響きます。




にほんブログ村
[PR]
by koharu3194 | 2016-05-29 23:47 | 展覧会 | Comments(0)

ワシントン・ナショナルギャラリー展

昨日、今日、暑くなりましたね!!
もう、日傘、扇子、水分が欠かせません。(>_<)


先日行った、ワシントン・ナショナルギャラリー展。
三菱一号館美術館。大好きな美術館です。
c0255071_22111186.jpg

まだ中庭の薔薇が咲いていませんでしたが、
赤レンガの建物に、新緑が映えていました。
c0255071_22135486.jpg

c0255071_2214346.jpg

小品ながら見ごたえのある作品が、たくさんありました。
c0255071_22164733.jpg
c0255071_22162875.jpg

c0255071_22185553.jpg

今回は、ナショナルギャラリーの収蔵品の中の、
フランス印象派とポスト印象派の展示です。

このコレクションは、ギャラリー創設者の娘さんが、
身近に飾っておくために収集したものだそうです。


ナショナルギャラリーは、ワシントンD.Cにある国立美術館。
スミソニアン博物館群の中にあります。

以前行った時、スミソニアン博物館群もナショナルギャラリーも、
規模の大きさや、すべて入場無料ということに、
アメリカってすごい!と圧倒されたのを覚えています。


宝石箱のような展覧会でした。




ワンクリック、ありがとうございます。
    ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
[PR]
by koharu3194 | 2015-05-14 22:26 | 展覧会 | Comments(0)

菱田春草展

黒猫に会いに行ってきました。

『菱田春草展』東京国立近代美術館。

「黒き猫」
c0255071_2330029.jpg

c0255071_23305380.jpg

こちらの猫も、何かにびっくりしたようで、
なんとも可愛い表情です。
c0255071_23311697.jpg

c0255071_23313215.jpg

展覧会は新しい日本画を模索し続けた春草の作品が、
制作順に展示されていて、変化がよくわかりました。

伝統的な日本画の技法で描かれていた時代、
墨による線描きを無くし、
色のぼかしや色の重ねで表現していた時代、
西洋絵の具を日本画に取り入れた時代、
不必要なものは排し空間を重視した時代。

36歳で、病気で亡くなったとのこと。
長命で制作を続けていたら、
どんな作品を残していたのでしょう。

武蔵野の雑木林を描いたという「落葉」の数点、
見ていると次々に新しいものが見えてきて、
絵の前の椅子に座ってしばらく見つめていました。
c0255071_2332642.jpg

いい絵を見て、こころが豊かになりました。




ワンクリックしていただけると嬉しいです。
   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
[PR]
by koharu3194 | 2014-10-25 23:36 | 展覧会 | Comments(4)

エム ナマエさん個展

一昨日、神田神保町の檜画廊でやっていた、
「エム ナマエ個展 2014-おかげさまで元気です-」
に行きました。
c0255071_20213091.jpg

ナマエさんの個展に初めて行ったのは、40年?くらい前。
「すてきな展覧会をやっている」と姉に教えてもらって。

水彩でぼかしたきれいな地色に、動物や汽車などが描かれ、
夢をそのまま表現したような絵が印象的でした。

イラストレーターとして活躍されていましたが、
糖尿病により視力を失い、童話作家に転身。

その後、再びイラストレーターとして活躍されています。

ボールペンで力強く線画を描き、
その線をなぞりながら、奥様が手渡すパステルで着色。
きれいな色で、動物や鳥やお花や少女が描かれています。

画廊ではナマエさんご本人にお会いできて、
懐かしいお話などすることができました。

お断りして撮らせていただいた画廊の外の写真。
c0255071_20222715.jpg

c0255071_20225464.jpg

本を購入。
c0255071_20235695.jpg

c0255071_20243079.jpg

c0255071_20541091.jpg

c0255071_2024585.jpg

ナマエさんとナマエさんの絵から元気をいただいて、
あたたかな気持ちになりました。

お体に気をつけて、これからもご活躍されますように。



ワンクリックしていただけると嬉しいです。
   ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
[PR]
by koharu3194 | 2014-10-19 20:50 | 展覧会 | Comments(6)

バルテュス展

待ち遠しかったバルテュス展に行ってきました。
(上野東京都美術館で開催)
開催後初めての日曜でしたが、混んでいなくて、
ゆっくり見ることが出来ました。
c0255071_20385753.jpg

20世紀最後の巨匠と言われる画家バルテュスの回顧展、
世界中から集められた40点を超える油彩画に加え、
デッサンや愛用品など100点以上が紹介されています。

「完璧な美の象徴」として生涯描いた少女の絵を初め、
自らを猫たちの王と呼ぶほど愛した猫の絵や、
風景画、自画像などが、独特の構図と光の描写、
フレスコ画のようなマティエールで描かれていました。

会場内には晩年まで20年余り過ごした、スイス・ロシニエールの
グランシャレーに残るアトリエ内が再現されていました。

レストランに飾られたというこの絵、可愛くて大好きです。
「地中海の猫」
c0255071_2195213.jpg

展覧会を見た後は、節子夫人による講演を聞きました。
c0255071_2185397.jpg

c0255071_2191876.jpg

バルテュスとの出会い、バルテュスの日本への思い、
絵についての思い出、今回のアトリエ再現への思い、
グランシャレー購入のエピソード、亡くなるまでのことなど、
こころに残る数々のお話を聞くことができました。


偶然の出会いから、グランシャレーに泊めていただいたのは、
遠い昔の夢のような出来事です。
情景が鮮やかに蘇ってきました。

今日は充実した一日でした。






ワンクリックしていただけると嬉しいです。
      ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
[PR]
by koharu3194 | 2014-04-20 22:24 | 展覧会 | Comments(2)

モネ展、世紀の日本画展

真央ちゃんの演技と最後の笑顔、素晴らしかったですね。
ありがとう、ほんとうにお疲れさま。

今日は雲一つない、いいお天気。
友人と上野の美術館に出掛けました。

西洋美術館で「モネ展」。
c0255071_0394445.jpg

c0255071_040860.jpg

モネと印象派の画家の絵画が一堂に会して展示されており、
それぞれの画家の特徴がよくわかりました。

東京都美術館で「世紀の日本画展」。
日本美術院再興100年の記念の展覧会。
草創期から現在までの院展の作品が展示されています。

素晴らしい作品がたくさん。
今回は前期で後期には全作品が入れ替えになるそうで、
後期も見に行きたくなります。
c0255071_0441218.jpg

洋画と日本画、どちらも素晴らしかったですが、
どちらかというと、日本画に心惹かれる作品が多くありました。

ランチは文化会館のレストランで。
c0255071_0413923.jpg

c0255071_0422100.jpg

すてきな絵にたくさん出会えたいい一日でした。



ワンクリックしていただけると嬉しいです。
    ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村
[PR]
by koharu3194 | 2014-02-23 00:49 | 展覧会 | Comments(0)

カイユボット展

2013.12.1

行こうかどうしようか迷っていた展覧会でしたが、
友人からとても良かったから是非!とお勧めをいただいて、
行ってきました。

裕福な家に生まれ、印象派の画家との交流があったカイユボット。
絵を売る必要がなかったため、画家としての活動のかたわら、
友人たちの絵画の収集をしていて、それは後にオルセー美術館の
貴重な展示となったそうです。

c0255071_14554927.jpg

c0255071_14562229.jpg

写実的な描写で描かれた自然やパリの街並み、人物、
心休まる絵がたくさんあり、見ごたえがありました。
[PR]
by koharu3194 | 2013-12-01 15:05 | 展覧会 | Comments(2)

ターナー展

2013.11.13

先日行った「ターナー展」。上野の東京都美術館で開催中です。
自然現象や風景が大きなスケールで描かれていて、
光の捉え方が印象的でした。
印象に残った絵。
c0255071_21373124.jpg

c0255071_2145169.jpg

c0255071_21375565.jpg

c0255071_21393153.jpg

c0255071_2140085.jpg

最後の絵は最後に展示してあったもの。
曖昧な何とも言えない雰囲気を作り出していました。

ターナーが一番多く使った絵の具の色は、クロームイエローだそうです。
確かに黄色みがかった絵が多くありました。
年代順に展示してあり、画家の歴史もよくわかります。

上野公園の木々も、色付き始めていました。
c0255071_21551650.jpg

c0255071_2155551.jpg

[PR]
by koharu3194 | 2013-11-13 21:58 | 展覧会 | Comments(3)

横山大観展・ミュシャ展

2013.11.2

11月。もう晩秋。秋が短かったような気がします。
美術展を見に、横浜に行ってきました。
横浜美術館の横山大観展。
c0255071_23523285.jpg

墨絵と日本画を堪能。
墨の濃淡で雨に煙る風景を表現した絵など、
印象に残った絵がたくさんありました。

美術館の周りの街路樹はもう色付き始めています。
c0255071_23531852.jpg

c0255071_235458.jpg

もうひとつ。5月にも見たミュシャ展。
c0255071_23544588.jpg

今回は鉛筆デッサン、ポスターや本の表紙のリトグラフなど。
サラベルナールのポスターなど、前回と同じものもありましたが、
他の作品では、素晴らしいデッサンがありました。
c0255071_23552222.jpg

美しい女性とお花のアレンジは何度見てもため息が出ます。
いい絵にたくさん出会えた一日でした。
[PR]
by koharu3194 | 2013-11-02 23:58 | 展覧会 | Comments(0)