カテゴリ:保存食( 54 )

あつあつの甘酒



いつも寒に入ると作る甘酒。

c0255071_20591603.jpg



糀とご飯とぬるま湯を混ぜて、
お鍋ごとゆたぽんと一緒に新聞と毛布に包み、
60度を保ちながら5~6時間。

1時間ごとに加熱しながら混ぜていると、
だんだんと甘い香りがたってきます。

出来上がった甘酒の素をうすめ、
あつあつに沸かして、ふうふう言いながらいただくと、
体がぽかぽかと温まってきます。

c0255071_20594126.jpg


飲む点滴と言われる甘酒。
お腹やお肌など、体にとてもいいそうですね!

それにしても、糀とご飯だけで、
どうしてこんなに甘くなるのでしょう。
糀くんの働きはすごい!
 
糀、酒かす、お味噌など、
発酵生活を大切にしています。



ワンクリックありがとうございます。


にほんブログ村


[PR]
by koharu3194 | 2018-01-18 21:25 | 保存食 | Comments(0)

柚子のジャム


はちみつ漬けにした残りの柚子は、
ジャムにしました。

ひとつひとつブラシで汚れを取って、
傷を削ってきれいに。

c0255071_21364436.jpg


ひたすら皮を薄切りにしてお水にさらしてから、
ゆでこぼして、苦味をとります。



グラニュー糖、きび砂糖、はちみつ、水飴、
糖分は適当に。

果汁とペクチンを抽出した液を一緒にして、
40分ほど煮て出来上がり。

c0255071_21370574.jpg

朝、パンにのせていただいています。



残りはお料理や柚子湯に使います。

柚子の香りはアロマ効果たっぷり。
皮を刻んでいる時に家にいらした方が、
「なんだか柑橘系のいい香りがする」と。

爽やかな香りに癒されます。



ワンクリックありがとうございます。


にほんブログ村


[PR]
by koharu3194 | 2017-12-16 10:34 | 保存食 | Comments(0)

柚子のはちみつ漬けで柚子茶


今度は、お庭になった大きな柚子を、
たくさんいただきました。

c0255071_20132646.jpg



まずは、きれいな実を使って
柚子のはちみつ漬けを作りました。

きれいに洗ってから、白いわたを少し削いで、千切りに。

c0255071_20134859.jpg



そのまま柚子とはちみつを交互に器にいれて、
2~3日冷蔵庫に置いておくだけ。

ほんの少し湯呑みに入れて熱湯を注ぐと、
香りのよい柚子茶になります。

c0255071_20141048.jpg

少し苦味もありますが、
のどがいがらっぽい時にぴったり。
体も温まります。

朝起きた時にも飲むと、のどの調子がいいようです。



ワンクリックありがとうございます。


にほんブログ村


[PR]
by koharu3194 | 2017-12-10 21:30 | 保存食 | Comments(2)

柚子のポン酢


12月、師走になりました!

何かと気忙しい時期、
余裕をもって過ごしたいと思いますが…。
まずは、風邪をひかないように。



お庭になったかわいい柚子を、
たくさんいただきました。

c0255071_20120716.jpg



果汁たっぷりで香りのよい柚子。
さっそくポン酢を作りました。

お酒、みりん、醤油を煮立ててさましたところに、
柚子のしぼり汁と削り節、昆布を加えて、
冷蔵庫で2週間ねかせると出来上がり。

c0255071_20123785.jpg



キッチンペーパーをしいたざるで漉して、
ビンに詰めて冷蔵庫で保存。

漉した削り節と昆布は、
お水を少し加えてさっと煮て、
刻んだくるみとごまを加えてふりかけに。

c0255071_20130238.jpg

さっぱりとしたポン酢、
うちではお醤油の代わりにして、
お鍋、温野菜、お刺身…、
何にでも使っています。

明日は湯豆腐にしようかな~。



ワンクリックありがとうございます。


にほんブログ村


[PR]
by koharu3194 | 2017-12-03 20:40 | 保存食 | Comments(2)

黄色の食用菊


お店に並んでいた食用の菊。

あまりに黄色がきれいなので買ってきました。

c0255071_20580937.jpg


薄紫や黄色の食用菊は、ほろ苦さが特徴。
体にもいいそうです。




ガクからはずした花びら。

c0255071_20583998.jpg




さっと湯がいて半分は甘酢漬けに。

c0255071_20585928.jpg
残りは小分けにして冷凍しました。



漬けた甘酢と一緒に、
軽くお塩で揉んだきゅうりと合わせて酢のものに。
c0255071_20573500.jpg




ほうれん草としめじと冷凍した菊花でおひたしに。

c0255071_20571499.jpg

おすましに入れたり、あんかけのあんに混ぜたりと、
彩りとして重宝します。




ワンクリックありがとうございます。


にほんブログ村


[PR]
by koharu3194 | 2017-11-09 21:33 | 保存食 | Comments(4)

栗の甘露煮



茨城県笠間の甘くて大粒の栗。

甘露煮にしました。
c0255071_22123900.jpg



弱火でことことと煮て、
やわらかくなったら甘みを含ませます。
c0255071_22130005.jpg



お茶の時に。
c0255071_22132953.jpg

ほっくりした栗は、秋一番の楽しみです。

何かお菓子を作ろうかな?



* * *


先日、買い物の途中で見つけたハナミズキの実。
c0255071_20000669.jpg

冬に向かってだんだん色がなくなる時に、
彩りを添えてくれるプレゼント。

赤い実って可愛いですね。



ワンクリックありがとうございます。


にほんブログ村


[PR]
by koharu3194 | 2017-10-29 22:35 | 保存食 | Comments(0)

ブルーベリー狩りとジャム


九月 長月になりました。


不順な天候が続いた夏。
今日はきれいに晴れ渡って、きれいな青空が広がっています。

あちらこちらに秋の気配が感じられます。




八月末の暑かった日。
練馬区の農園にブルーベリー狩りに行って来ました。

きれいに手入れされた木に、実がたわわに実っています。

c0255071_09473609.jpg




実は、白から赤になり、熟して黒くなると、
ぽろぽろと簡単に収穫できます。

c0255071_09475285.jpg

収穫目的なので、食べ放題ではなく味見程度に。
食べてみると、さわやかでほんのりとした甘さです。
美味しい!



帰ってからさっそくジャムにしました。

さっと煮ると、ブルーベリーソースですが、
30分ほど煮詰めて、しっかりしたジャムに。
糖分は、きび砂糖を使用して20%。
c0255071_09495068.jpg

残りは冷凍して、お菓子に使います。



ワンクリックありがとうございます。


にほんブログ村

[PR]
by koharu3194 | 2017-09-03 11:42 | 保存食 | Comments(4)

プラム太陽のジャム


今日は暦の上では処暑。

でも、久しぶりに夏の日差しが戻ってきました。
この暑さ、涼しさに慣れた体には堪えます。

それでも、空には夏雲と秋雲が同居していました。
ツクツクボウシの鳴き声も聞こえて、
なんとなく夏の終わりを感じます。




この時期に出回るプラム 太陽。

お店で見かけるとジャムにします。
私の一番好きなジャムです。

c0255071_19535324.jpg




きれいに洗って、

c0255071_19540901.jpg



二つ割にして種を除いて、

c0255071_19542325.jpg



皮ごと刻んだものに、グラニュー糖をまぶします。
糖分は30%。

しばらく置いて実からジュースが出たら、

c0255071_19543820.jpg



途中でレモン果汁を加え、
40分ほど煮つめて出来上がり。

皮から色が出て、ガーネット色のきれいなジャムになります。

c0255071_19552104.jpg

今年のプラムは酸味が強かったので、
酸味と甘みのバランスがちょうどよかったようです。

糖分が多くないので、ビニール袋に小分けして、
冷凍庫で保存。

お菓子作りに活躍します。




ワンクリックありがとうございます。


にほんブログ村


[PR]
by koharu3194 | 2017-08-23 20:18 | 保存食 | Comments(4)

ようやく梅を干しました。


8月になって毎日雨が降っている東京。

梅雨の時期はあんなに晴れていたのに、
逆転したようなお天気です。

来週にはお天気が続くとか。



空模様とにらめっこしながら、
先週の貴重な晴れ間に、ようやく梅を干しました。


6階のベランダでの梅干。

c0255071_22012055.jpg




いい眺めです。

c0255071_22005861.jpg




うん、なかなかいい感じの出来上がり。

c0255071_22015658.jpg



びん3つに詰め、一緒に干した赤紫蘇を上に乗せて、
日に当てた赤梅酢を注いて保存します。

c0255071_20445131.jpg


1年くらい経つと、塩の角が取れて味が落ち着きます。


でも、干している時の、
梅と紫蘇の若い味もいいものです。

炊き立てのご飯に、刻んだ青じそ、ゴマと、
たたいた梅を混ぜて頂きました。

この時にしか食べられない梅です。




ワンクリックありがとうございます。


にほんブログ村



[PR]
by koharu3194 | 2017-08-17 20:59 | 保存食 | Comments(6)

梅を漬けました。


20日に梅干を漬けました。

今年もJA和歌山の木熟南高梅。

c0255071_22273506.jpg



良く熟しているきれいな梅で、
広げると家じゅういい香り。しあわせな香りです。

c0255071_22280833.jpg



あんずみたいな茜色。

c0255071_22283366.jpg



梅は少しずつホワイトリカーの中で転がして殺菌、

c0255071_22290261.jpg


お塩と梅を交互に、容器に入れていきます。
c0255071_22292700.jpg

今まで塩分13%で漬けていましたが、
今年は12%に挑戦。カビが出ませんように!

重石は出来るだけ軽く。
そうすると梅がふっくらとまあるく出来上がります。


4日経って梅酢が上がったので、
c0255071_22302009.jpg


今日お塩で揉んだ赤紫蘇を梅の上にのせました。
c0255071_22305276.jpg


上から少しずつ赤く染まっていきます。
c0255071_22312206.jpg

この変化が楽しくて、毎年漬けています。
さあ次は、梅雨明けの晴天の日に天日干し。(^_^)

ゆび先が紫に染まる梅仕事



ワンクリックありがとうございます。


にほんブログ村


[PR]
by koharu3194 | 2017-06-24 22:55 | 保存食 | Comments(4)